山本建設ってどんな会社?

2017年6月23日

1521610022-housing-900245_1920-ElV4-1280x853-MM-100

山本建設は福岡県福岡市に本社を置く建築工事業を行っている会社です。山本建設の事業内容としては新築住宅や増築・リフォーム、カーポートやウッドデッキ、屋根・門扉、物置工事等のエクステリア、店舗改装や内外装工事、公園のトイレや学校の工事、構造は木造や鉄筋コンクリート造や鉄骨造に対応しています。

山本建設は設計・施工が一体化され一貫した管理体制のもとで高い品質の施工を行っています。

会社の特徴としては漆喰に拘り快適空間を提供しています。古来から城郭や土蔵などに用いられて来た壁工法であり耐久性を始めとして調湿性や断熱性、防火性、可塑性に優れています。製造段階から処分時まで環境破壊が少なく色のバリエーションも増えて来ていて塗装感覚で施工できるようにもなって来ています。
調湿効果は現代のエアコンや除湿器といった機械を使うことなく日本の風土や気候にも合った快適な素材と考えられています。

室内部において有効な開口部をとるには吊り戸という方法があります。開閉がスムーズにでき場所をとりません。来客時にも内部がまるみえになるのを防ぐにも効果的な方法になります。あるいは開口部がオープンのままでは冬場は寒い空気が移動しやすいものですが、冷気をシャットアウトしたり風量調整も行えるといったメリットがあります。壁に外付けするタイプで施工も簡単なものでドアよりも有効間口を広く確保することが出来ます。衝撃音が少なく開閉も跳ね返りがなくてゆっくりと最後まで閉めることが可能です。
フローリング材は無垢材が使われることも多かったものですが、湿気や熱による隙間が生じるとか反りの心配などがあったものです。最近はこれが改良されて隙間が目立たなくされ、熱による動きも抑えられるようになって来ていて床暖房にも対応して来ています。

自然の素材は調湿作用を持ち湿度調整を行いますので室内の環境を健康空間に保つことが出来ます。資源を大切にしたいという願いから小さな節とか入り皮が入った部分もそのまま生かされるようになっています。これらによって様々な表情が現れるようになっています。
日本古来からある伝統的な色合いや風合いで住まいに和としての雰囲気作りに一役かっているのがスクリーンで純和風からナチュラル、シンプルモダンまで光と影を演出することが出来ます。

ブラインドやロールスクリーン、パーティション、アコーディオンドアも実際に確かめるにはショールームに入って体験するという方法もとれます。