株式会社LIXIL住宅研究所ってどんな会社?

2017年6月23日

IMG_1056

株式会社LIXIL住宅研究所は、LIXILグループ内の住宅会社を運営する会社です。

2007年に設立、社員数は2013年3月現在で180名おり、主な事業として住宅FCカンパニーの運営、住宅FC事業の戦略立案・シナジー効果の創出、住宅FCカンパニーの経営監査などを行っており、ホームFC業界のリーディングカンパニーとしてしられています。

現在まで最も歴史がありベースとなっているホームブランド・アイフルホーム、エネルギー問題にも取り組み高機能な・フィアスホーム、ツー・バイ・フォー工法を採用した個性のあるGLホームのブランドの3つのホームブランドを有しており、全国各地に拠点を置く、数多くの中小の地元ビルダーが参加しています。
株式会社LIXIL住宅研究所の事業の特徴は、ブランドホームごとに必要な資材の購入、ホームコンセプトをまとめたり立案設計する、ブランドごとに合わせた広告宣伝にあり、実際の建設は地元の工務店を中心としたビルダーが行うFCにあります。

地元ビルダーは地域との絆が強いですが、一方で大手ハウスメーカーと比較すると資金力が弱く、資材を大量購入してのスケールメリットを活かすことができません。
株式会社LIXIL住宅研究所は、全体を見た戦略や運営、資材の大量購入におけるスケールメリットを活かしながら、地域密着型の地元ビルダーが加盟することで異なる特性を両立させることに成功させています。

株式会社LIXIL住宅研究所は、市場分析を徹底している会社であるため、激変する社会と業界で勝ち残るために、様々な課題への対応力が必要不可欠だと指摘しています。
例えば少子高齢化や人口減少、震災によるエネルギーニーズや一戸建てニーズの変化など、変わり続ける社会の中で、FCの強みである共通したコンセプトとスケールメリットを活かして加盟している地域ビルダーをサポートしています。

具体的には、国の政策や動向を正確につかみ、3ブランドのコンセプトや資材の購入などに反映させる、マーケットや競合他社の動向をつかみ、より部分を商品やコンセプトに反映させる、ブランド価値を高めるための宣伝力・プロモーション力、営業力を高めるための人材の育成・採用サポートなどにも力を入れています。
株式会社LIXIL住宅研究所は、地域密着型の各加盟ビルダーと絆を深めることで、変化し続ける社会情勢や市場動向に対応し、新たなニーズの獲得に積極果敢に取り組んでいます。